子どもと遊ぶだけじゃない!?保育士の仕事はここが大変!

毎日ヒヤヒヤ。子どもの怪我!

子どもが楽しく遊ぶ姿は見ていて微笑ましいものですよね。しかし、子どもの行動は予測不能な所が多いんです。危険な物に近づいたり触ったり。お友達同士仲良く遊んでいると思ったら急に手を出すけんかに発展したり。そんな子どもの行動に保育士はいつもヒヤヒヤ。怪我を防ぐために、環境を整えたりけんかの仲裁に入ったりと大忙しです。安全に楽しく子ども達が遊ぶ事が出来るように、毎日いろんな所をチェックしているのです!

女性が多いとやっぱり!?

最近では男性の保育士さんも増えてきていますよね。それでもやはり、保育業界はまだまだ女性が多いもの。女性が集まると華やかなイメージがありますが、裏を見ればそこには。もちろん働いているみんなが仲良しな職場も多いですが、中には派閥が出来ている恐ろしい職場も。派閥同士の対立があると大変!エスカレートすると陰湿な嫌がらせに発展なんて事も少なくありません。人間関係がスムーズにいくよう、気を遣う日々なのです。

クレームを防げ!保護者対応!

子どもを保育園に預けている親は心配が付き物。子どもの姿が見えないのだから当然ですよね。どんなに保育士が毎日の出来事を細かく伝えてはいても、ちょっとした事がクレームに繋がる事もあるんです。最近ではモンスターペアレントという言葉が流行るくらい無理難題を言ってくる保護者も少なくありません。そんなクレームを防ぐために保育士は保護者対応に気を遣う日々。子どもとだけではなく親とも信頼関係を築こうと毎日頑張っているのです!

全国的に保育士の数が減少しており、人手不足となっている保育施設も少なくありません。特に都心部でもそういった傾向が見られるので、関東で保育士の求人なら、保育士の求人を東京で探すと見つかりやすいです。