保育士の理想と現実。潜在保育士をどう生かすか?

保育士の仕事の大変さ(体力面・精神面)

保育士のやりがいは子供の成長を感じられるところにあります。子供からありがとうと言われたり、子供の笑顔を見たりすると仕事をしていて良かったと思うようです。しかし、保育士は楽な仕事ではありません。子供相手で、立ち仕事が基本なため、体力がないと務まりません。男性保育士の数が増えたといってもやはり女性が中心の職場です。女性特有の派閥問題があるところも多くあります。保護者からのクレームが寄せられることもあります。それらのクレームに対し穏便に対応する必要があります。

保育士の仕事の苦労(給与)

保育士の仕事はハードな割に給与が安いです。公立の場合は私立より比較的高いですが、圧倒的に私立の保育園の方が多いです。私立保育園は手取りにすると月10万から15万円ほどでしょうか。仕事が終わらないときや、イベントの前などは家に持ち帰っての作業があります。サービス残業も多く、給与面で不満に思う人は多いようです。給与の低さに加え、職場の人間関係、保護者との関係から精神的に追い詰められ、離職する人が多いです。

保育士免許を持っていても従事していない人達

子供の数が減っているとはいえ、共働き家庭が増え、保育園の待機児童の数は増加しています。自治体では財政面の問題から、公立ではなく、私立の保育園を増やそうとしています。また、保育園の数が増えても、従事する保育士の数が足りないという問題があります。保育士免許を持ちながら、保育の仕事に従事していない潜在保育士は全国に約60万人いるといわれています。保育士不足を解消するために国は平均勤続年数に応じて、賃金を上乗せできるように私立保育園などに補助金を支給しています。潜在保育士が保育の仕事を選ばない一番の理由が賃金が割に合わないということだそうです。保育士不足解消のために、保育士の待遇改善が一番に求められています。

保育園での求人の内容は、保育士を募集するものがほとんどですが、中には事務職や栄養士の募集もあります。