最重要ポイント!工場の単調作業に飽きない為に

工場バイトでの最大の課題はやはり「飽き」に

工場作業バイトで入った際、始めのうちは作業にも慣れず緊張の連続だったものが、次第に経験を重ねてゆくにつれ作業にも慣れ、それが次第に飽きへと繋がってゆくものです。特に深夜での単調作業の連続は飽きだけでなく慢心や集中力の欠如をもたらし、危険な事故やトラブルの元にもなってしまうもの。是非とも気を付けて取り組んでいきたいものですよね。そこでこれら作業への「飽き」に対する対策が重要なポイントとなってくる訳です。何か良い方法は無いものでしょうか。

集中力を持続させるのは意欲や根性の他にも?

工場バイトの単調作業で飽きずに作業を持続出来る秘訣はあるのでしょうか。常にトラブルや事故に対する意識と緊張感を持って取り組む事は大事ですが、それにも限界はあります。深夜になればもはや根性だけで持たせている人もいるのですが、もう少し気持ちを楽に持ち、これらの作業の結果として受け取る給料の事や、それを利用した趣味等を楽しんでいる自分を想像していれいれば意外と飽きや眠気も起こらずに過ごす事が出来るものなのです。作業自体への集中力をそれによって切らしてしまう事は問題ですが、楽しい事やそれに対する構想や案を思い浮かべたり考えたりしていると、逆に作業でさえも楽しめる様になり集中力が湧いてくるものです。

もちろん生理的な休息も必須

気持ちの持ちようで何とかやり過ごせる段階も過ぎ、本格的な飽きやそれに伴う眠気に襲われる様になったらそれは明らかな黄信号。次の休憩時間は速やかに仮眠を取ったりカフェイン飲料を飲むなどして、身体を休めたりリラックスさせるべきでしょう。こんな時雑談を交わせるバイト仲間や親しい社員を作っておくと気が楽になります。意識しなくても雑談が盛り上がり、いつの間にか眠気も吹き飛び集中力も戻っているものなのです。どうしても飽きが優先してしまう場合、この時間を利用して社員に作業の配置転換等をお願いしてみるのも良いアイデアでしょう。

工場の求人は、大規模な工場であれば頻繁に募集しているので応募しやすいです。また、住居の紹介や送迎をしている工場もあるので、地理が詳しくなくても応募しやすいです。